ブログトップ
カテゴリ:詩のつもり( 11 )
夕立
あいつは僕に呟く
いい加減諦めたら?
つらいんだろ?
苦しいんだろ?
…ダメなんだろ?

いつもと変わらぬ日々
今日も見える景色はずっと曇り空
僕が見たいのはこんなんじゃないのに
あいつはお似合いだと嘲け笑ってる

目を瞑れば浮かぶ君の幻影
君が差し出す手は僕を引き止める
愚かな僕はその手を必死に掴み
離すこともできないまま彷徨いつづける


突然降り出す雨が言う
「お前は背負いすぎてるんだ
俺が全てを流してやるから
お前は荷物を軽くして前に進め」


全てを無くしたしまった僕
掴むもののなくなった僕の手
さぁ次は何を拾っていこう?
日の光が少しずつ僕を照らし出す


でも僕は

立ち止まったまま
[PR]
by bluechair2 | 2007-07-22 10:36 | 詩のつもり
最後にabiro
夏の夕方1人の帰り道
ぼんやり曇った雨空の中
少しだけ広がる青空を見て
君に捧げた最後の言葉
ありがとう
本当にありがとう


高校3年の春
青春真っ只中です
最近仲いい俺たち
今日もいつものように
だべって歌って遊んで
最後の時間をエンジョイ


こんな日々が続けば
一生楽しくなるだろうな
ずっとずっとこのままいこうぜ
そうおもわねえかい?


そんな青春1ページ
お前といっしょに作ってきた
そんなお前が今日は
いつもと違う調子で
どこかへ消えていくんだ
何があったか聞いていいかな


突然入った電話
流れてくるのは恋の物語
お前の幸せそうな声が
俺に幸せをくれた
がんばれよって強く
心に響くように伝えた


それから気づいた何か
胸にある小さなもやもや
最初は気にもとめなかったけど
だんだん切なく光りだす
俺の中の大切なもの
少しずつだけど伝えてみた


どうせ気づいてなんかいないだろ
いつものように笑顔を浮かべて
幸せそうに笑う君は
元気と悲しさを与えてくれる


叶わないこの思いを
最後に君に伝えようか
そうしたらどうなるだろう
答えはわかっていたんだ
ただ切なくて切なくて
どこかへぶつけようと空振りする俺


いつものあいつの歌声が
俺の心を貫き通す
なのにそんな苦しさを
お前の笑顔は消しさっていく


かっこいいわけじゃない
強いわけでもない
ただお前の幸せそうな笑顔が
俺に幸せを運んでくれる
そんな気がしたんだ

だから

新たな日の出を見送った
好きにならなければよかった
どっかで見た言葉

でも違う

お前を好きになってよかった
俺は遠くから近くから
お前を見守りつづけるよ



さぁ、新しい明日を探しに行こうか

[PR]
by bluechair2 | 2007-07-03 18:35 | 詩のつもり
暇つぶし
今日もまたきてしまった

涙で濡らす悲しい夜が

まだ僕は乗り越えられるのかな

これで何度目だろう

君の笑顔が離れないのは・・・

Ah...僕にもっと力があれば

君を放さないでいられたのかな



今日もいつもと同じ

何も変わらない景色

何が違うのかなんて

僕にしかわかんないのに

一人じゃ何もできない自分が

悔しくて悲しくて切なくて

でもまた助けを求めて

そして泣いてる僕がいる

ただ愚痴をこぼすばかりで

本当は分かっているのに

分かりたくないって

否定する自分に

嫌気が差して

ただ忘れたくて

ただ忘れたくて

気が付けば自分を傷つけてる



君に逢いたいだけなのに

どうしてこんなに苦しいんだろう

近くにいるのに

すごい遠い君に

僕は近づく事が出来ない

今僕が見ているこの星を

君も見ているかな

僕のことを

少しは想ってくれているのかな

また君が

振り向いてくれるかわかんないけど

あと少しだけ

がんばってみるよ




明日は



笑えると



いいな

こめへん
[PR]
by bluechair2 | 2006-12-16 11:14 | 詩のつもり
もう出会うはずのない君に
小さなユメを追いかけて


君と歩いていたあの道


眩しさが目に映る


あの夕焼けを


忘れない





突然の出来事で


なにがなんだか読み込めないまま


君は一言 さよなら と書き残して行った


手をのばせばすぐそこに


君の姿があったはずなのに


どうしてなんだろ


君はどこにもいない


君だけ目標だったのに


たどり着く場所さえもなくなって


僕はどう生きてゆけば・・・





探し求めて知らない場所を駆け回る


不安になりながら強く握りしめたあのメモを


くしゃくしゃに握り締めて


涙を堪えながら


さぁ、また次の場所





強く握り締めた


この想いはどこにやれば


いいのかわからない


ただ次の明かりを探すだけ


もう疲れちゃったよ


君はどこにも見当たらない


ただ君に好きと伝えたいだけなのに





僕は探しつづけるよ


君の姿を求めて


明日への光を見つけるために


出会えたらきっと


あの頃の夕焼けをみるんだ


そして一言


君に伝えるこの想い



だから探しつづけるよ



君に好きというために

>めくず
[PR]
by bluechair2 | 2006-08-17 09:33 | 詩のつもり
輝く星に祈りを捧げる
届くはずのないあの星に


今、そっと手を伸ばす




見つかることのない僕の夢


ひたすらに探しつづけた


あぁー、あのときの僕は今何所にいるの


追い求めてきた星を今この手に


掴もうとしていたのに


どうしてなんだろ


ふと消えうせてしまった


僕の心の中は好き遠くばかり


あぁー、あの頃の夢は今何所にあるの


いつのまにか忘れてしまって


何が起こったんだろ


ふと見えなくなったんだ


僕の道はとどされてゆくばかり



存在を証明するために


閉ざしてきた扉を開く


僕にのこされた道は


あそこに見える一本道だけ



今にも見えなくなりそうな道


僕にだけはしっかり見える


いつかこの道が輝くように


今はただ


振り向かないで


走りだせ




今この手に星を掴むんだ

こめへん
[PR]
by bluechair2 | 2006-06-24 22:13 | 詩のつもり
ぶーん
出会いと別れの季節を越えて



新しい季節が巡る



雨の香りがただようこの頃


夏が待ち遠しすぎて


去年の思い出に浸りながら


残ってた花火を見つけた



二人で並んで眺めた


暗闇を染める儚い光


一瞬の輝きを求めて


僕たちは愛を育んだ



もうあれから1年も


過ぎてしまったんだねー


あぁ、僕たちはどうして


離れ離れになったのかな


もう一度


愛を育んでいけたらいいにに


どうしてどうして


こんな風になっちゃんだろ


永遠を誓ってたのに




投げ捨てた心の歌


胸にしまってきた想い


どうして今ごろ苦しく


なっちゃったんだろ



あぁ、一欠けら夢を


君と追いかけていたのーに


大切なことを見失っていた


あの頃の僕が悲しいよ



今でも大好きなのに


今でも愛してるのに


どうしてこんな風に


なっちゃったのかな




次の季節を求めて


また


出会いを見つけよう

こめんへんし
[PR]
by bluechair2 | 2006-06-19 01:58 | 詩のつもり
空を見上げて
君とぃっしょに歩ぃた


この道夕焼け空の中


いつのまにか1人になった僕は


新しい道を探している




気が付けばこの季節がきた


僕の心の中に残る


君は今も元気なのかな


どうしたら君を忘れられうだろう



思い返せばあのときから


僕は君のこと好きだったのかな


あのときは毎日が楽しくて


見えるものも見えなくなってたのかな




空を見つめてみた


星を探し続けた


君と同じ景色を


見ていたかったから


君もこの綺麗な空を


見てくれていると信じて


君と同じ気持ちだったら


幸せだなんて考えてた



なぜか突然海にいきたくなった


君との思い出なんてなぃのにね


なぜか君を思い出せる気がしたんだ


海に沈む夕日見つめて


涙がとまらなくなったよ


携帯なんか開いちゃって


思い出を胸にしまうように


写真を一枚保存せずに撮ったよ










ねむくなった。
[PR]
by bluechair2 | 2006-04-11 00:19 | 詩のつもり
最近不調
ひたすら回りつづける世界に


僕たちは生まれてきたんだね



どこかで誰かと出会い別れて

喧嘩したり仲良くなったりしたね

それぞれの人の人生があって

何かをずっと求めてるんだ


僕たちがであったのも突然のことで

偶然が重なりここに集まった

僕と君とあなたとお前と

出会えたことを歓びを

分かち合いたい


1人部屋から夕焼けの空を見上げて

しみじみと憂鬱に浸りながら

どうしてお前らと出会えたのか

考えても考えてもわからない


ずっとずっと大好きなままで

いっしょにいつまでもいられたら

きっと幸せなんだろって思うけど

やっぱり人間はうまくいかないみたい

いっしょに生きてゆくことが

いっしょに歩いてゆくことが

こんなに楽しくて幸せだなんて思ってもいなかった

でもその反対に

こんなに苦しくてつらくて悲しいことだなんて・・・


生きるって難しいね

ただ毎日をまじめに生きていくだけじゃだめなんだよ

必死にがんばってるだけでもだめなんだよ


笑って泣いて怒って


楽しくて幸せでつらくて悲しくてむかついて傷つけて


いろんなことがあるけれど


いろんな事があるから


こうやって生きていけるんだ


これが


きっと幸せなんだって



気づいたんだ。








自分で書いてて
なんか意味わかんなくなっちゃった



おやすみっ
[PR]
by bluechair2 | 2006-03-18 03:19 | 詩のつもり
ボクはまだ君といていいのかな
本当はこんな弱い俺だった


いつか言おうと思ってた             


この想いが枯れないように


大好きだと叫び続けた


こんなに情けない俺でも


守りたいものがあるって


少し強くなれた気がしてた


君は今何を考えているのかな?


僕はいつも君が頭から離れないよ・・


君は今何を見ているんだろう?


僕は星空をじっと見ている


いくらこの星たちが輝いても


君には僕の思いは届かない


一人になってやっと気付けたんだ


一人にならないと気付くことができなかった


君が何より必要なんだ


僕は風になって君を探す


だから君は星になって僕を待っててほしい


君を見つけることができたら


今度こそ伝えるよ


愛してる


君のことが大好きだ


だから


ずっと


待っててほしい
[PR]
by bluechair2 | 2006-03-09 22:33 | 詩のつもり
でも君は、どうしてそんなにしょぼくれてるの?
昨日と同じこの道を

君といっしょに歩いていた道を

思い出すだけでこの胸が

張り裂けそうになる


思い返せば前からなんか

おかしいと気づいていたのに

僕は君といっしょにいることで

何かを見失ってたのかな


そういえば最近行ってないな

いつも二人で通ったあの丘

あそこに行っていいのかな?

一人でいっていいのかな?


目の前に広がる夕日が

僕一人を包み込んでく

隣にいるはずの君は

何をしているのかな

この時初めて僕の

頬に涙が流れた

また君に会える日まで

ずっと泣かないつもりだったのに


僕の大切な君はどこで

今何してるのかな


ありがとう

さよなら

また会える日


まで










やばい



やばいやばい



ぱんやおもしろくなってきた



まだ120にもなってないのに



ぱんやはまってきた



BOもおもしろい



ぱんや=BO>>めいぽ



やばいやばい



ああ




ぱんや日記にすればいいんか(ぉぃ
[PR]
by bluechair2 | 2006-01-25 07:31 | 詩のつもり